【高速/安い】Switch用のSDカードおすすめ5選をご紹介!

本記事では、数あるSwitch用のSDカードを徹底的調査して特にオススメできるものを選び、
総合評価をまとめたので紹介していきます。

Switch用のSDカードの比較検討している方はぜひ参考にしてください。

【早見表】Switch用のSDカードの比較

結論は次のとおりです。

SDカード比較表

金額容量読み込み速度
SanDisk2,040円128GBUHS-I
BUFFALO2,580円
SAMSUNG2,110円
東芝2,180円
Transcend2,030円

以上の表から見てみると、オススメできるのは以下のSDカードです。

 

他にも多数のSDカードがありますが、その中でもオススメのSDカードを
ピックアップして紹介させていただきました。

Switch用のSDカードの選び方

この記事にたどり着いた人の中には「SDカードを選ぶ基準が全くわからない…」
という人もいらっしゃるのではないでしょうか。

実際私がSDカードを選んでいる基準も合わせて紹介しますね!

容量で選ぶ

大体SDカードに大きく記載されているのが容量、GBですね。

このGBが大きければ大きいほどたくさんソフトをダウンロードできるわけです。

ソフトの容量は少なくて1GBほど、大きくて30GBも使う場合があるので
事前に自分がどんなソフト、いくつソフトをいれたいのかどうかを見ていきましょう。

ひとつだけしかソフトをダウンロードしない場合は
そもそもSDカードを購入する必要がないかもしれませんし、

グラフィックの良い大容量のソフトを複数ダウンロードする場合は
64GB以上の容量のSDカードはほしいところですね。

今回は長期的に見て容量の多いソフト5つ以上はダウンロードしたい人に向けて
128GBのSDカードを集めました。

読み込み速度で選ぶ

ゲームをプレイしているときにローディングが遅いとイライラしてしまいますよね。

そこで快適にゲームをプレイできるように
読み込み速度が速いSDカードを選びましょう。

ただSwitchのSDカードは「UHS-I」以上のものを選んでも
読み込み速度は「UHS-I」以上でないみたいです。

なので今回選んだSDカードは全て「UHS-I」対応のものだけを選んでいます。

メーカーで選ぶ

あと注目してほしいのはメーカーですね。

聞いたことのないような無名のメーカーのSDカードより、
有名な大手メーカーのSDカードの方が保証もしっかりしてていいですよね。

こちらの記事ではそういった誰でも聞いたことのあるような
有名なメーカーだけを集めました。

Switch用のSDカードおすすめ5選

以上の点を考慮して厳選したSwitch用のSDカードをご紹介します。

比較しやすいように容量&読み込み速度は全て同じものを選んでいるので、
こちらではどこのメーカーかを重視して順位を決めました。

SanDisk


フラッシュメモリ―を中心に製造するメーカーの「サンディスク」。

さまざまな種類のSDカードを取り揃えているので、
容量や転送速度から自分に合ったSDカードを選ぶことができます。

BUFFALO


パソコン周辺機器メーカーで有名な「バッファロー」。

UHS-Iスピードクラス1で最大転送速度は100MB/sに対応しているので、
ゲームのデータ転送が快適にできます。

SAMSUNG


総合家電メーカーとして有名な「サムスン」。

SDカードの製造はサムスングループの中核会社であるサムスン電子が担当しており、
品質の高くて安心と評価を得ています。

東芝


国内の電機メーカーである「東芝」。

4K対応のSDカードとなっているため、
高画質のスクリーンショットを撮りたい方におすすめです。

Transcend


半導体メモリ製品を中心に製造を行っている「トランセンド」。

トランセンド製のものでも様々な種類のSDカードを販売しているので
自分に合ったSDカードを探しやすいです。

タイトルとURLをコピーしました