汗とアトピー性皮膚炎の関係|3つの対策で夏を克服しよう!

夏の季節になると、アトピーが悪化することはありませんか?

それはもしかしたら夏場によくかく汗が原因かもしれません。

私も夏場はどうしても汗をかいてしまい、
そのまま放置したら折角治りかけていたアトピーが悪化した…という経験があります。

今回はそんな汗とアトピー性皮膚炎の関係について、細かく掘り下げて話していきますね。

汗とアトピーの関係

夏になると、その暑さで湿疹の血管が拡張してしまうので、
かゆみの症状がいつもより出てきます。

それに加えて人間の身体は暑いと汗をかいてしまうため、
その汗の刺激のせいで余計かゆくなってしまうんですよね。

だから汗をかく季節になると、アトピーが悪化してしまうんです。

 

というように、汗とアトピーは切っても切れない密接な関係なんですよ。

ただ、そうは言っても、

これから汗を一切かかないでおこう!

というのは明らかに無理ですよね(笑)

 

学校や仕事がありますし、夏場はずっとお家、というのも
健康面も合わせて、到底できることではありません。

なので今回は私が実際に試して効果があった、
夏場に汗をかいてもアトピーが悪化しない3つの対策も紹介しますね!

アトピーが悪化しない3つの対策

身体を冷やそう

外出しているとき、直射日光・高い気温などによって身体に熱がこもってしまいます。

なので先ほどお伝えした通り、
そのせいで湿疹の血管が拡張されるので、かゆみが酷くなるわけです。

 

…と、いうことは、
身体の体温を下げればいいということがわかりますよね!

体温を下げることによって神経の興奮が鎮まり、かゆみがおさまってくるので!

 

だから私は夏場になると冷たい飲み物をこまめに飲んだり
首元に保冷剤等冷たいものを当てたりして体温を下げていましたね。

特にお風呂上がりは身体が火照ってしまうので、
お風呂上がりの寸前で冷水をシャワーでサッと浴びて火照りを抑えてました。

なるべく自分の体温を上げないように気をつけましょう!

こまめに汗を拭く

こちらも先ほどお伝えしましたが、汗の刺激によってもかゆみが強くなります。

なので汗を一切かくな、とは言えないので、
せめてとにかく汗をかいたらその汗をウェットティッシュなどで拭いましょう!

 

それをせずにそのまま汗を放置して汗が乾くと、
汗の通り道が詰まってしまうので余計かゆくなってしまいます!

外出して屋内に入ったら汗を拭う…、というのを習慣にしていってくださいね。

シャワーを浴びる

もちろん、シャワーを浴びることができる環境にいる時は、
ウェットティッシュ等で汗を拭うよりシャワーを浴びてください!

そちらの方がスッキリしますし、身体中の汗を洗い流すことができますしね!

 

ただ、お風呂に入りすぎると肌の油分も洗い流してしまうことになるので、
身体を洗って流す、というのではなく、短時間で汗を洗い流す感じをオススメします。

 

私は夏場以外でも朝・夜と二回入りますが、
汗をかいてしまったらもう少しお風呂に入る回数が増えますね。

ちなみになんで朝も入っているのかというと、
寝てる時に人間は知らずの内に汗をかいてしまうからです!

なので夜にしっかり湯船に浸かって、
朝に汗をサッと軽く洗い流す程度にお風呂に入っていますよ!

最後に…

今回は汗とアトピーの関係、汗でアトピーが悪化しない3つの対策を紹介しました!

実際に試してみて効果があった3つの対策ですので、
こちらの対策を試したことない人はいかがでしょうか?

アトピーは人一倍気を遣って生活していかないといけないものですが、
頑張って改善していくと多少アトピーを気にしなくて生活できるようになります。

他にも同じ悩みを抱えている人に、
私が試して改善した方法を伝えていこうと思ってるのでよろしくお願いします!

最後まで読んで頂きありがとうございました。
SNS等でシェア頂ければ、記事を書く励みになります!

タイトルとURLをコピーしました